焼ならし

● 熱処理の説明

焼きならしは、金属を加熱後に空冷することで、金属組織の結晶を均一化して、機械的性質を改善することを目的とした熱処理です。
「焼準(しょうじゅん)」、「normalizing(ノーマライジング)」「N(マルエヌ)」と書かれていることがあります。


材料の硬さや組成が場所によって不均一になっていると機械加工の切削性が悪くなるので、焼きならしで均一にして切削性を改善するために行われます。


当社では、お客様のご要望や材質に合わせ、最適な処理方法を設定して熱処理を行います。

● 材種実績

● 処理時間

24時間以内