ソルトバス(塩浴槽)

● 熱処理の説明

熱処理後の冷却方法として当社では、硝酸ナトリウム溶液を180℃に加熱したソルトバスを使用しています。

heat-solt01.jpg

このソルトバスによる冷却方法を使うことで、
  (1)    焼き入れによる硬度を上げにくい材質でも硬度を上げることができる
  (2)    水冷に比べ、焼きムラや焼き割れが発生しにくい
  (3)    均一な冷却ができるため、品質が安定する
といった、メリットがあります。


当社では、お客様のご要望や材質に合わせ、最適な処理方法を設定して熱処理を行います。