真空焼入

● 熱処理の説明

真空焼入は、その名の通り、炉内を真空ポンプにより真空状態にして加熱し、窒素ガスで冷却する手順で、製品の硬さと耐摩耗性を高めることを目的とした熱処理です。
 

また、真空焼入れは、以下のような特性があります。
  ・硬さが不均一となる脱炭を防止できる
  ・酸化しないので表面に光沢が残るなど、熱処理後の研磨処理を低減できる
  ・熱変形、歪みが少ない

 

当社では、お客様のご要望や材質に合わせ、最適な処理方法を設定して熱処理を行います。

● 材種実績

● 処理時間

24時間以内